政治

【顔画像】石垣のりこの夫(旦那)は誰?馴れ初めや結婚したのはいつ?

【顔画像】石垣のり子の元夫(旦那)は誰?馴れ初めや結婚したのはいつ?

立憲民主党の石垣のりこ参議院議員の元夫(旦那)について調べました。

石垣のりこ議員は離婚後、元夫とは内縁関係にあったとされています。

しかし内縁関係だったにもかかわらず、菅野完氏と不倫をしていたことが2021年5月24日報道されたのです。

今回は

  • 石垣のりこの旦那(夫)は誰?顔画像は?
  • 石垣のりこと旦那(夫)の馴れ初めは?
  • 石垣のりこの子どもはいる?
  • 石垣のりこと旦那が離婚したのはいつ?

についてまとめました。

【顔画像】石垣のりこの夫(旦那)は誰?

石垣のりこ

石垣のりこ議員の旦那については一般人のため公表されていません。

今回顔画像も調べましたが、一般人のため画像などはありませんでした。

こちらはわかり次第更新していきます。

石垣のりこ議員の旦那についてわかっていることは

苗字が「小川」だということです。

小川のりこさんという名前が戸籍上の名前ということをSNSで発信していました。

石垣姓は結婚後の姓のようです。

旧姓にもどさなかったのは仕事上さまざまな支障がでることが予測されたからでじょう。

選挙はイメージも重要。

急に苗字がかわったりすると知名度も変わって不都合があるためそのまま”石垣”という姓をつかったことが伺えます。




石垣のりこが夫(旦那)と馴れ初めや結婚したのはいつ?

石垣のりこ議員の馴れ初めについては明らかになっていません。

わかっているのは結婚した時期。

石垣のりこは2009年に結婚しました。

その年の2009年9月に出産のために休業することを自身のラジオ番組で発表していたのです。

ファンの間では、結婚したことも当時公表されていなかったため、休業は寝耳に水だったことがネットでは言われていました。




石垣のりこの夫(旦那)との間に子供はいる?育児放棄も!?

石垣のりこと旦那の間には娘さんがいることがわかっています。

2009年に生まれているので2021年現在は12歳〜13歳であることがわかりますね。

石垣のりこ議員が親権を持ち子育てをしているそうです。

しかし育児放棄をしているような状態と元旦那は公表しています。

 「今は子育てを放棄していると言ってよい状態にありながら、周囲にはシングルマザーとして子どもを1人で育てているようなそぶりでいる現状に憤りを覚えます」(一部抜粋)  などと陳述されている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/800af760a3c44e1958e713e7890529773f0ee9ba

子育てを放棄しているような状態ということは、元夫からみても相当ひどい状態なのではないのでしょうか。

どのようなレベルで放棄しているかはわかりません。

しかしわざわざ報道機関に公表するという行動からも切羽詰まった状況であることが伝わってきます。




石垣のりこが夫(旦那)と離婚したのはいつ?

石垣のりこ議員が夫と離婚したのは2014年。

そして2016年には再び旦那と内縁関係を築き同居していたことが元夫から主張されています。

しかし、石垣のりこ議員は子どもの養育において協力するだけで内縁関係はないことを主張。

肉体関係もなければ、住民票も別で同居した事実もなかったことを言っています。

内縁関係についての有無は証明することが難しいとのことです。

2018年12月ごろに菅野完氏と交際していたことを認めました。

石垣のりこ議員は不倫はしていなかったことを公表しています。

しかし菅野完氏は当時奥さんがいたことが明らかになっており、2019年に離婚していることから不倫であることは明らかです。

石垣のりこ,不倫,菅野完,図解

図解のように、2018年以降菅野氏との男女関係があったとしたら、不倫であることがわかりますね。




【顔画像】石垣のりこの夫(旦那)は誰?まとめ!

今回は石垣のりこ議員の旦那について調べました。

一般人のため名前や画像についてはわかりませんでした。

こちらについてはわかり次第更新していきます。

明らかな不倫関係にあったことや不倫の証拠を隠蔽しようとしていたことで、今後バッシングは不可避です。

今後の石垣のりこ議員の動向から目が離せません。

【顔画像】50歳が14歳と同意性交で捕まるのはおかしい発言の立民議員は誰!?ワーキングチームを特定!
【顔画像】50歳が14歳と同意性交で捕まるのはおかしい発言の立民議員は誰!?ワーキングチームを特定!立憲民主党の性犯罪刑法改正に関するワーキングチーム(WT)での発言が話題になっています。 2021年6月4日報道されたニュースでは、「...