映画

『嘘喰い』の実写映画は『ジョン・ウィック2』のパクリ!?ダサくてヤバいと話題!

横浜流星さん主演で、迫稔雄による漫画『嘘喰い』が映画化されることが発表されました。

2022年2月に公開されることが決定しており、漫画読者や横浜流星ファンからは歓喜の声が上がっています。

解禁されたティザービジュアルや、キャッチコピーを見たファンからはダサい、原作をわかっていないなどと不満の声が。

今回は『嘘喰い』の映画化について何故ダサいといわれているのか、『ジョン・ウィック2』のパクリと言われている噂についてまとめました。

『嘘喰い』,キャッチコピー,ダサい

『嘘喰い』のあらすじ

闇金に手を出して追い回される日々を送っていた梶隆臣(かじ たかおみ)。

ある日パチンコ店でスロットに苦戦していた自称ギャンブラーの斑目貘(まだらめ ばく)にアドバイスをしたことがきっかけで借金返済を貘に手伝ってもらうことになります。

パチンコのような機械仕掛けのギャンブルについては結果を出せない貘でした。

しかし闇カジノでその才能を発揮し、ディーラーの心理・行動を巧みに操りルーレットで梶に大勝ちさせます。

さらに梶に違法な金利で金を貸していた闇金業者を欺き借金をチャラにした上に金を巻き上げることに成功したのでした。

貘の正体は人対人の騙し合いでは相手の嘘を見抜き喰らい尽くす天才ギャンブラー「嘘喰い」。

そして貘には、ありとあらゆる勝負(ギャンブル)を取り仕切りその賭けの代償がたとえ命であろうとも確実に取り立てる裏の組織「賭郎」(かけろう)との深い因縁があったのです。

一度は失敗に終わった、命を含めた己の全てと賭郎の全実権とを賭けた勝負「屋形越え」(やかたごえ)に再び挑む戦いが始まるのでした。




嘘喰いの実写がダサいといわれる理由3つ!

嘘喰いの実写がダサいと言われている理由は3つあります。

  1. キャッチコピーがダサい
  2. ギャンブルとイカサマの漫画なのに拳銃が出てきて意味不明
  3. 主人公は横浜流星ではない

一つずつ見ていきましょう。

その1:キャッチコピーがダサい

『嘘喰い』,キャッチコピー,ダサい

今回実写化される映画のキャッチコピーは

嘘つくと死ぬよ

のようです。

このキャッチコピーに対して、ダサいや原作を無視しているという声が多数上がってうました。

批判が上がっている理由は原作の決め台詞は

アンタ嘘つきだね

なんです。

『嘘喰い』,決め台詞

原作のファンからすると「嘘つくと死ぬよ」ってキャッチコピーに??って感じですよね。

センスのかけらも感じないという声も。

決め台詞を変更したキャッチコピーのせいで期待できないという意見でした。

コピーがダサいというドストレートな意見もありました。

コピーのせいで、期待が全くできなくなってしまったようです。

『嘘つくと死ぬよ』って何だという疑問の声も。

『あんた嘘つきだね』が決め台詞ですが、実写化のセリフも変更されているのでしょうか。

どんな仕上がりになっているのか気になりますね。

そんなセリフないのに・・・というのが原作ファンの素直な気持ちなんでしょうね。




その2:ギャンブルとイカサマの漫画なのに拳銃が出てきて意味不明

ギャンブルとイカサマ、格闘技がメインの漫画なのにビジュアルに拳銃が出てきて意味不明という声もありました。

拳銃のイメージがないため、違和感を覚えた人がいたようです。

思っていたのと違うという悲しみの声もありました。




その3:主人公は横浜流星ではない

横浜流星

主人公は横浜流星ではないという声も少なからずありました。

イメージが違うし若すぎるという声がありました。

横浜流星さんは役作りのために銀髪に地毛を染めるなど、さまざまな工夫をされていたようです。

横浜流星さんはもともと爽やかなイメージのため、『嘘喰い』の主人公には程遠いと思う人が多かったようです。

原作を知る人からすると斑目貘と横浜流星さんのビジュアルが雰囲気が違うため期待できないという声もありました。

映画自体がどのような仕上がりになっているか気になりますね。




嘘喰いの実写は『ジョン・ウィック2』のパクり!?

映画『ジョン・ウィック』のパクリなのでは?という声もありました。

ビジュアルが酷似しているため、ぱくりという声が多かったようです。

2つを比較してみます。

嘘喰い,ジョン・ウィック,似てる 『嘘喰い』,キャッチコピー,ダサい

確かにそっくりでパクリといわれても仕方ないかもしれませんね。

内容についてですが、ジョン・ウィックは殺し屋の復讐映画なので、『嘘喰い』とは全く別のもののようです。

パクリ疑惑やキャッチコピーがダサくて期待できないという声もありました。




嘘喰いの実写に期待の声も!

『嘘喰い』の実写化に期待する声も見られました。

純粋に横浜流星さんがかっこいいという声も。

ファンからするとクールな役所を演じる横浜流星さんを見るのは楽しみですよね。

嬉しい発表という心待ちにしている声もありました。

他のキャストや映像解禁など今後の動向から目が離せません。

『売れっ子漫画家×うつ病漫画家』の作者は江野スミ噂される理由3つ!-6
『売れっ子漫画家×うつ病漫画家』の作者は江野スミと噂される理由3つ!本人も公表していた!?pixivで公開されている『売れっ子漫画家×うつ病漫画家』という漫画が話題になっています。 ストーリーや内容が素晴らしいとともに、...