ニュース

國分玲の未来予言ツイートは嘘!?5つのカラクリで未来人は嘘確定!?

國分玲さんというTwitterアカウントが話題になっています。

未来を予言しており、その予言がかなり的中されているのです。

今回は國分玲さんの的中させたツイートや、未来人はトリックだと言われている理由についてまとめました。

國分玲のプロフィールや予測が当たったツイートは?

國分玲

國分玲さんは、東京の国立大学工学部の大学院生のようです。

2058年(万至6年)からタイムスリップして、2019年にやってきたと自分のことを語っています。

名前 國分玲
年齢 23〜24?
大学 某国立大学工学部 建築学専攻
SNS Twitter

2058年から時空間移転装置を使って2019年にやってきた國分玲さん。

未来からきたということもあり、様々な予言を的中させます。





的中1:東京五輪について

國分玲さんは東京五輪について的中させています。

2020年といえば、東京五輪の開催も危ぶまれている頃でした。

その中で東京五輪は2021年の7月23日に開催されると2020年の時点でツイートしているのです。

また日本の金メダルの獲得数の予測も的中させていました。

2019年の時点で的中させていたということで、ネットでは本当に預言者なのかもしれないと話題になりました。





的中2:株価について

さらに株価の暴落についても的中しています。

2019年12月のツイートがこちら。

実際に2020年3月に暴落しているのです。

日経平均は9日に1050円99銭安(下げ幅歴代20位)、13日に1128円58銭安(同13位)と急落し、その大きさはバブル経済で相場が大きく崩れ始めた1990年の月次の動きに匹敵しています。この週だけで日経平均はその前の週から3318円70銭安と過去最大の下げ幅を記録しました。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57807450Y0A400C2I00000/

バブル崩壊後にも匹敵するこの大暴落、新型コロナウイルスが原因で経済が停滞したための暴落でした。

的中3:政治について

また政治家についても予言が的中しています。

2020年の2月に安倍元首相が辞任することを予言していたのです。

また、後任は菅官房長官であることも2019年に的中させています。





的中4:新型コロナウイルスについて

また新型コロナウイルスについても、2019年12月8日の始めて患者が報告された日に2019年にやってきたことから、的中させたことを主張しています。

2019年12月8日に過去にたどり着いた=的中させたはこじつけ感があります。

ネットでもそれは予言したとは言わないとツッコミが入っていましたが、わざわざ2019年12月8日という日を選んでいた理由は明かされていません。

このように次々と未来予測が当たっていることから、ネットでかなり話題の人物になっています。

反響も大きく、フォロワーは2021年8月18日現在で29.6万人。

有名人でもなく、顔出しをしているわけでもないのに29.6万人がフォローしていることに國分玲さんの影響力を感じますね。





國分玲が未来に戻る予定は?

國分玲さんは1年ほどで未来に戻ることを宣言していました。

しかし2020年の9月に戻る予定が、何らかのトラブルで戻れなかったことが言われています。

2021年9月に再度戻ることを試みるそうですが、成功するのでしょうか。

今後戻れない場合は、この世界を2058年まで生きるそうでそれまで生きた記録などをタイムマシン開発メンバーへ情報提供するそうです。





國分玲の未来予言ツイートは嘘!?5つのカラクリで未来人を装っていた!?

國分玲

國分玲さんの数々のツイートが的中している中、國分玲さんの未来予測にはカラクリがあり未来人であることは嘘だという噂も出ています。

それがこちら。

  1. ツイートを非公開にして予測ツイートを量産していた!?
  2. アプリを使って未来予測したかのように振る舞っている!?
  3. 予測不可能なものは予言していない
  4. 過去のツイートは削除している!?
  5. 過去リプライを全くしていない

一つずつみていきましょう。

その1:ツイートを非公開にしていた!?

國分玲さんはツイートを非公開にしていて、予想ツイートを量産していた、そして外れたツイートは削除していたのでは?と言われています。

例えば金メダルを的中させたツイートならば、金メダル●個というツイートを1〜50くらいまで作っておいて、外れたツイートは削除すれば、いかにも的中させたかのように見えますよね。





その2:アプリを使っていた!?

また、アプリを使って投稿日時を改竄していたのではとも言われていました。

トリックはシンプルで、企業向けTwitterアプリのTwipotを利用したとのこと。Twipotでは予約投稿の時間を修正する機能があり、この時間が過去に遡っても修正可能だったのかもしれない。

企業向けアプリのTwipotを使えば、ツイート日時を改竄できるそうです。

これを使えば非公開アカウントにしなくても、予測ツイートを量産できますよね。





その3:予測不可能なものは予言していない

地震や災害など予測ができないものについては予言していないのも怪しいと言われていました。

例えば金メダルや政治家などは個数や名前を書き換えるだけである程度の予測ツイートを作ることができます。

しかし細かい地震や災害については予測もできませんし、無限にツイートを作り込む必要がありますよね。

2021年8月の豪雨や、熱海の土砂災害なども甚大な被害を及ぼしていますが、このようなツイートは見当たらないことから、怪しいと言われているようです。





その4:過去のツイートは削除している!?

過去のツイートは削除して、当たったツイートだけを残しているという声もありました。

前述したとおり、鍵アカウントにして非公開にする、そして予言が外れたツイートを削除すれば全てのツイートが当たっているかのように見えますよね。





その5:過去リプライを全くしていない

予言が当たったツイートに関してもツイート当時リプライが全くなかったことについても注目されています。

過去リプライを全くしていないということはやはり鍵アカウントにしていて、非公開にしていたのではという憶測が出ていました。

真相はわかりませんが、こう言った不可解な点が國分玲さんは未来人ではないと噂されている理由のようです。

今後の國分玲さんの投稿から目が離せません。