ニュース

【書き起こし】CDCがPCR検査取りやめ発表の理由は?ビル・ゲイツとソロスの陰謀論も!

CDCがPCR検査取りやめ

及川幸久さんのYouTubeチャンネルでアメリカのCDC (疫病予防センター)がPCR検査取りやめを発表したことが取り上げられました。

新型コロナウイルスの検査キットとして使用されていたPCR検査。

このPCR検査が廃止される方向にむかうという内容がネットで話題になっています。

今回は書き起こしを行い、PCR検査を取りやめる理由や陰謀論についてまとめました。

【書き起こし】CDCがPCR検査取りやめ発表の理由は?ビル・ゲイツとソロスの陰謀論も!

及川幸久

今回及川幸久さんのYouTubeチャンネル「2021.7.27【パンデミック】CDC,PCR検査取りやめ発表!同時期にビル・ゲイツとソロスが医療検査企業買収発表!因果関係は不明…」について書き起こしを行いました。





買収とPCR取りやめについて

まずジョージソロスとビルゲイツがイギリスのある医療検査会社を買収したこと、そして買収の2日後にアメリカのCDC(疾病予防センター)がPCR検査を取りやめることを発表sひたことについて説明しています。

今日のテーマはパンデミックに関連してソロスとゲイツがイギリスのある医療検査会社を買収した、それがPCRの会社にあたります。この件がネット上とくに保守系の人たちの間で大きな話題になっています。

真相はわかりませんが事実関係だけお伝えします。7月19日にソロスとゲイツの会社がイギリスの医療検査会社を買収、そして21日にアメリカのCDC(疾病予防センター)PCR検査を推し進めていたところですがCDCがPCR検査を年内で辞めると発表しました。この2つが関連しているのではと注目されているんです。今回ソロスとゲイツ、いろんな噂をされている人物2人が関わっていて、注目されています。

買収の2日後にCDCがPCR検査を取りやめるといっていることもビルゲイツとジョージソロスが関わっているのではと注目されているようです。





買収した会社について

ビルゲイツ,ジョージソロス

買収したイギリスの会社についても語っていました。

これはまず買収の話ですが、7月19日に買収した金額は4100ドル日本円にすると45億円くらい。

イギリスの会社なんですが、買収された会社がパンデミック(コロナ)の検査をする会社になるのではないか。

ソロスとゲイツがイギリスの医療診断の技術を持っている会社を買収するのは、世界的に有名になる話で、MOLOGICという会社なんですが、親子で起こした企業なんですね。もともとは最新の妊娠検査法から始まって病気の検査方法を開発していったという。

このパンデミック(新型コロナ)のPCRに変わる検査の方法を持っているということです、コストが安くて最先端の医療検査法を扱っている。

今回の資金も入ってくるので世界各国特に途上国に最新の検査方法を広めていきたい、社会的なインパクトがあるといわれている。特に途上国という意味で特徴的なのは熱帯病といわれるものデング熱などが途上国で多い。インドなどでおおいということでそういう病気がいち早く診断できるというのが目的であって、パンデミック(新型コロナ)が目的ではない。イギリスのメディアを見ているとパンデミックと関連して報道していない。

PCRに代わるものを出そうとしているんだろうけど。ソロスはいっぱい〇〇基金というものをもっているんだけど、そのビルゲイツのゲイツ財団がお金を出して、それ以外にもお金を出すんだけどGAHという基金を作ってMOLOGICを買収するということです。

PCR検査に代わるものをイギリスの会社が出そうとしているのではないかという見方が強いそうです。

しかし、イギリスメディアでは買収の話だけで新型コロナとの関連づけて報道はしていないことを言っていました。





PCR検査について

PCR検査の真実についても述べています。

ゲイツは以前からPCR検査を非難していた。時間がかかりすぎて途上国では使えないから。

MOLOGICの買収したあとの2日後にCDCはPCR検査許可申請を出していたけれど撤回することを発表している。もともと前提は何かというとCDC(政府の一機関)がFDA(厚生労働省みたいな位置づけ)今回のパンデミックは緊急性があるのでPCRという検査方法を緊急で許可してくれという申請をFDAに出した。緊急だということで特別に許可を出した。そもそも疫病などの診断はFDAが正式に認可している。今回のコロナに関しては、PCRが本当にいいかっていうのはまだわからなかったでも緊急性がということで特別に許可しただけ。

ワクチンも全く同じ。メッセンジャーRNAワクチンも同じ。ただその緊急に申請して許可を得ていたPCR検査を年末に撤回する。CDCとしてはPCR検査を奨励しない。来年からはおすすめしないので別の検査方法をお勧めするようです。別の検査方法はあるようです、FDAが過去に認可したものもある。少なくともPCR検査は辞めるという。CDCはインフルエンザとコロナウイルスの区別ができないといっている。

PCR検査をして何かがわかるけど、コロナかインフルエンザか区別ができないことは前々から言われていた。今回の発表でCDCとしてもこの区別ができないと正式に認めたようなものだと言われている。

PCR検査をして何かがわかるけど、コロナかインフルエンザか区別ができないことは前々から言われていたそうです。

アメリカのCDC (疫病予防センター)がPCRを年内に取りやめるということは区別ができないことを認めたも同然ということを語っていました。





陰謀論について

及川幸久

ここまでは買収とCDCがPCR検査をやめたという話だけどタイミングがあまりにも近いので陰謀論を疑われている。特にアメリカの保守系からはかなり疑われている。保守系のメディアではコロナに関して詳しく報道しながら最後の最後にビルゲイツというものはグローバリストであって今回の件はいろいろ怪しいんだと。申し合わせではないかという内容で報道内容は終わっている。

関連している証拠はひとつもないが、この2人が揃い踏みしているのでなにかあるのではとおもわれている。

このあとどんな真実がでてくるかは追っていきたいと思う。

陰謀論についても、今回の買収とPCR検査の取りやめについての関連性や証拠はまったくないそうです。

しかし2つの出来事のタイミングがほぼ同時であったことや、ジョージソロスとビルゲイツが関わっていることが陰謀倫があるのではと疑われている原因のようです。