ニュース

結婚式の209万の解約料を請求した式場はどこ?バックれて連絡もとらなかった新郎新婦がヤバいw

結婚式

結婚式場を営むブライダル会社が新型コロナの感染拡大を理由に式をあげなかった新郎新婦を相手にとり、損害賠償を求めていることがわかりました。

気になるのはどこの式場が請求をしているのかですよね。

今回は

  • 結婚式の209万の解約料を請求した式場はどこ?
  • バックれて連絡もとらなかった新郎新婦がヤバいw

についてまとめました。

結婚式の解約料を新郎新婦に請求した式場はどこ?バックれて連絡もとらなかった事実がヤバいw

結婚式

結婚式の解約料を新郎新婦に請求した式場についてしらべました。

今回新郎新婦は新型コロナ=天災であると主張して支払いを拒んだと報じられました。

新郎新婦は2021年2月6日に結婚式場の契約書に合意。

6月6日を結婚式予定として予約しました。

しかし4月7日には緊急事態宣言が東京都で発令されます。

感染拡大によって新郎新婦はコロナの影響による延期・中止の相談を受けたそうです。

結婚式場は

  • 予定通りの開催
  • 延期費用支払いのうえで延期(2020年9月までなら見積もり金額の全額を延期費用に当てられる)
  • 解約料支払いのうえで解約(57万円)

の3つを提示しました。

この条件だと、特に新郎新婦に過剰な負担がかからないようにも見えます。

しかし新郎新婦は納得せず支払いは必要ないと主張。

6月6日の挙式当日に新郎新婦は現れず当日キャンセルとなってしまいました。

式場側は見積料金でもあった209万310円を解約料として新郎新婦に請求しています。




新郎新婦に解約料を請求した式場はどこ?

結婚式

解約料を新郎新婦に請求した会社についてですが公表されていません。

式場についてわかっていることは

  • 解約料として約209万円の損害賠償をもとめて東京地裁に提訴している
  • 申込金は20万円だった
  • 本社は東京都にあり23区内などで、複数の式場を運営している

ということがわかっています。

契約の際に天災の場合は不可抗力であり契約が消滅することが記載されていたようです。

東京都が本社の結婚式場については109社あり、今回の報道内容から結婚式会社を特定することはできませんでした。

こちらはわかり次第更新していきます。




バックれた新郎新婦がヤバすぎると炎上w

結婚式

結婚式当日にバックれた新郎新婦がヤバすぎると炎上しています。

当日ばっくれたということは式場スタッフは準備していたということ。

人件費、光熱費、その他諸々の諸経費が発生しています。

このキャンセルが正当とされるならいろんな会社が経営破綻するという意見がありました。

当日ドタキャンしたり申込金まで返金希望するのはおこがましいという意見もありました。

契約を結んだのだから結婚式場は何も悪くないという意見もありました。

決断しないまま当日バックれるのはあり得ないという意見も。

新郎新婦側が負けると言われています。

シカトして無断キャンセルっていう行動は幼稚で子供のような夫婦だという厳しい意見もありました。

新郎新婦がばっくれたのではなく、数ヶ月前から夫婦は意思表示していたが、式場側がハウスルールを押し付けて議論にならなかったのではという擁護の声もありました。

今後の展開から目が離せません。